NARC-2143/4
¥3,000 (+税) 2018.3.10 発売

八月の響層|藤井宏樹 & Ensemble PVD

【曲目】

<Disc 1>
①パレストリーナ:バビロンの河のほとりで
②-④モンテヴェルディ:マドリガーレ集 第3巻(1592) より
⑤アイスラー/ブレヒト:戦争反対

<Disc 2>
①-④林光/原民喜:混声合唱のための 原爆小景
⑤-⑫プーランク/エリュアール:人間の顔 無伴奏二重混声合唱のためのカンタータ
⑬カタルーニャ民謡:鳥の歌(寺嶋陸也編曲)

【演奏者】
藤井宏樹(指揮)  樹の会(合唱)

【録音】 2017年8月18日 府中の森芸術劇場ウィーンホール(ライヴ録音)

【JANコード】 4560205211435

【プロフィール】
新実徳英(作曲):1947年名古屋生まれ。東京大学工学部卒業、東京芸術大学作曲科卒業、同大学院修了。
1977年ジュネーヴ国際バレエ音楽作曲コンクールにて史上二人目のグランプリ並びにジュネーヴ市賞受賞。1982年文化庁舞台芸術創作奨励賞並びに特別賞受賞。1983年ジュネーヴ国際バレエ音楽作曲コンクール審査員を務める。1984年文化庁芸術祭優秀賞。IMC入選。1994年CD「創造神の眼」がレコードアカデミー賞。2000年第18回中島健蔵音楽賞受賞。2003年別宮賞受賞。2004年CD「風神・雷神」が文化庁芸術祭大賞を受賞。05年万博記念オペラ「白鳥(しろとり)」が名古屋において世界初演され、この公演に佐川吉男音楽賞が授与。2006年オーケストラ・アンサンブル金沢のコンポーザー・イン・レジデンスに就任し、「協奏的交響曲~エランヴィタール~」を世界初演され第55回尾高賞を受賞。管弦楽作品の多くは、国内ではNHK交響楽団を初め主要なオーケストラで、海外でもスイス・ロマンド、オランダ放送、BBCスコティッシュ、フランス国立放送、ベルリン、ニュルンベルグ等の主要なオーケストラで演奏され、それぞれ高い評価を得ている。
現在、東京音楽大学客員教授。

戻る

  copyrigh(c) 2005 Nippon Acoustic Records Inc. All Rights Reserved.