NARD-5034 ¥2,857(税別) 2011.10.07発売
モーストリー・クラシック vol.176号、
   レコード芸術12月号
で長木誠司氏に推薦されました
林光 ピアノソナタ全3曲 〜 生誕80年によせて
寺嶋陸也 plays 林光
Rikuya Terashima Piano Recital 2011


【収録曲】

林光(1931- )
 @〜Bピアノソナタ
 C〜E第2ピアノソナタ≪木々について≫
 F〜G第3ピアノソナタ≪新しい天使≫

【演奏者】
Piano : 寺嶋陸也

【録音】

2011年2月8日 東京文化会館小ホール 【ライブ録音】
MUSIC 東書WEBショップで試聴ができます

 数量:
 ◇プロフィール

林光:1931年東京生まれ。

1953年東京藝術大学作曲科中退。
同年、間宮芳生、外山雄三らとともに作曲家グループ「山羊の会」を結成し、次々と作品を発表しはじめた。1953年「交響曲ト調」により<芸術祭賞>を受賞、1956年「オーケストラのための変奏曲」で第四回尾高賞を受賞。同年、映画「裸の島」(新藤兼人監 督)で第二回モスクワ映画祭作曲賞を受賞。
オペラ作品「セロ弾きのゴーシュ」(1986)、「森は生きている」(1992)、「吾輩は猫である」(1998 第三十回サントリー音楽賞を受賞)など多数。90年代には器楽曲の分野でも、「第三交響曲<八月の正午に太陽は・・・>」(1990)、「ヴィオラ協奏曲<悲歌>」(1995)などの重要な作品が書かれ 、後者は第四十四回の尾高賞を受賞した。2001年6月に合唱曲「原爆小景」最終章として「永遠のみどり」を加え完結した。
オペラ「変身」が2009.9から約2週間、ヨーロッパ四カ国で公演され好評を得え、2011年春には国内四都市で公演された。
またNHK大河ドラマ「国盗り物語」「花神」「山河燃ゆ」などの音楽はお茶の間でも大変親しまれた。
自選集「林光の音楽」(CD20枚,書籍1卷)小学館刊。オペラシアターこんにゃく座芸術監督。


寺嶋陸也:1964年生まれ。

東京藝術大学音楽学部作曲科卒、同大学院修了。
オペラシアターこんにゃく座での演奏や、97年東京都現代美術館でのポンピドー・コレクション展開催記念サティ連続コンサート「伝統の変装」、03年パリ日本文化会館における作品個展「東洋・西洋の音楽の交流」などは高く評価され、06年にはタングルウッド音楽祭に招かれボストン交響楽団のメンバーと自作を含む室内楽を演奏した。
作曲のほか、ピアノの演奏や指揮、音楽祭の音楽監督など、活動は多方面にわたる。
オペラ『ガリレイの生涯』『末摘花』、カンタータ『伊邪那岐・伊邪那美』、合唱ファンタジア『オホホ島奇譚』『樹の奇・危・嬉〜ピカソくんとうたおう』、ヴォードヴィル『タバコの害について』、『尺八・二十絃箏と管弦楽のための協奏曲』、合唱のための『詩篇第49番』『沖縄のスケッチ』、オーボエ・三味線と打楽器のための『異郷の景色』、古代復元楽器のための『大陸・半島・島』、朗読と箏、室内管弦楽のための『貝の火』など作品多数。
「大陸・半島・島 / 寺嶋陸也作品集」(ALCD-9026)、「二月から十一月への愛のうた(栗山文昭の芸術2 / 寺嶋陸也作品集)」
(VICS-61092)その他室内楽や歌曲のピアノなど、多くのCDがある。

ホームページ http://www.gregorio.jp/terashima/

戻る

  copyrigh(c) 2005 Nippon Acoustic Records Inc. All Rights Reserved.