NARD-5037 ¥2,857 (税別) 2012.3.21 発売

東書WEBショップで試聴ができます。

NARレコード HRカッティング 第3弾
きっとあなたはマルモ・サウンドに夢中になる
日本で生まれ、イタリアが育てたチェロ界のニューヒロイン、
ついに衝撃のデビュー!!
CellOpera(チェロペラ) マルモ・ササキ(vc)
~歌劇場の思い出

曲名】
1. B.オール:カルメン・ファンタジー <カルメン>
2. O.ジンガー:「ワルツ」 <ばらの騎士>
3. ワーグナー(トーマス=ミフネ編):「前奏曲」と「愛の死」
 <トリスタンとイゾルデ>
4. カステルヌオーヴォ=テデスコ:「フィガロ」(ピアテゴルスキー版)
 <セビリャの理髪師>
5. チャイコフスキー(アウアー編):「わが青春は遠く過ぎ去り」
 <エフゲニー・オネーギン>
6. D.アラール:ラ・トラヴィアータ・ファンタジー <椿姫>
7. プッチーニ(レオナード編): 「私のお父さん」 <ジャンニスキッキ>

【演奏者】
マルモ・ササキ(チェロ)、ウララ・ササキ(ピアノ)

録音】
2011年11月24日~26日 みよし町文化会館(コピスみよし)
インタビュー

❖プロフィール 
マルモ・ササキ Marumo Sasaki (Cello)

パドヴァ国立音楽院チェロ科首席卒業。
ローザンヌ音楽院で林峰男氏に師事し、 ヴィルトゥオーゾクラスを一等賞及び名誉賞を得て卒業。
その後ベットヒャー教授に師事し、 ベルリン国立芸術大学大学院ソリストクラス修了。
ジェノヴァ国際音楽コンクール、 アスペッタルティ国際音楽コンクール(伊)他、多数優勝。
ヨーロッパ各地でのリサイタル 及びオーケストラと協演。
ベルリン・J・ティボーストリングトリオとUSAツアーを行う。
ベルリン交響楽団(BSO)を経て、500年の歴史を誇るベルリン国立歌劇場管弦楽団 (音楽監督バレンボエム)に初のアジア人-永久正団員として入団、6年間在籍、その間 首席代理・副首席代理も務める。
現在、ソロ及び室内楽に専念し、幅広く演奏活動を行っている。


※マルモ・ササキ オフィシャルウェブサイト 

※ウララ・ササキのブログ「コーヒーと私、時々ピアノ」

戻る

  copyright(c) 2005 Nippon Acoustic Records Inc. All Rights Reserved.