鈴木輝昭|合唱の地平

NARD-5033 ¥3,143(税込)

【曲目】
①妖精の距離 ~女声合唱とピアノのための~
②組曲 春と修羅 ~無伴奏混声合唱のための~
③組曲 智恵子抄 ~女声合唱とピアノのための~
④ネネムの歌≪イーハトーブ組曲第2集≫ ~女声(同声)合唱とピアノのための~

【演奏】
①宍戸真一,星英一(指揮)/安積黎明高等学校合唱団
②④浜崎香子(指揮)/出雲市立斐川西中学校合唱部
③大竹隆(指揮)/橘高等学校合唱団
①③④鈴木あずさ(ピアノ)

【録音】 HRカッティング
①③2010年8月9日 三春交流館「まほらホール」
①③2011年11月20日 猪苗代町体験交流館
②2011年11月12日 ビックハート出雲
④2010年11月8日 ビックハート出雲

【出版】
①④カワイ出版刊 ②③音楽之友社刊

 

☆プロフィール
鈴木輝昭(作曲) :1958年仙台生まれ。
桐朋学園大学作曲家を経て同大学研究科を修了。
三善晃氏に師事。第46回(室内楽)および第51回(管弦楽)日本音楽コンクールにおいて、第1位、2位を受賞。1984年、日本交響楽振興財団第7回作曲賞。1985年および1987年、旧西ドイツのハンバッハ賞国際作曲コンクール、管弦楽、室内楽了部門において、それぞれ1位を受賞。
以後、管弦楽作品がヨーロッパ各地で演奏、放送される。1988年、仙台において、オペラ「双子の星」(宮沢賢治原作)を初演。1990年、第16回民音現代作曲音楽祭の委嘱による、二群の混声合唱とオーケストラのための「ヒュムノス」が初演される。1991年、村松賞受賞。1994年、演奏・作曲家集団〈アール・レスピラン〉同人として、第12回中島健蔵音楽賞を受賞。2001年、宮城県芸術選奨受賞。
日本作曲家協議会、同人アール・レスピラン等に所属。
桐朋学園大学音楽学部及び東京芸術大学にて作曲家講師を勤める。

NARD | NARP/その他 | NARC



copyrigh(c) 2005
Nippon Acoustic Records Inc.
All Rights Reserved.